ちょっとした工夫ですぐに効果を実感できます!

まず、グラシトールの基本的な飲み方はこのようになっています。

「1日6粒を目安にして、食前に水またはぬるま湯で、お召し上がりください。」

これだけだとちょっと不親切というか、物足りなさを感じます。

実はこれ以外にも取り入れておくといいと思われる飲み方があるのです。

1.グラシトールを食前に飲むとともに、糖質の摂取量を減らす。

血糖値が上がる原因は、糖質(おもにご飯・パン・麺類などの炭水化物)の摂取にあります。

すでに健康診断等で血糖値について指摘を受けている場合は、普段の食事での糖質の摂取量が多いと考えられます。

これを機に糖質の摂取量を減らしてみると効果が出やすいと思います。

2.グラシトールの量を増やしてみる。

ヘモグロビンA1cや血糖値の値はそれぞれ違うので、効果を実感できない場合はグラシトールの量を増やしてみるという方法もあります。

1日6粒が目安ですが、1日12粒まで増やしてみてもよいです。

グラシトールは医薬品ではないので、多く摂取したからといって副作用の心配はありません。

3.食後の軽い運動を取り入れる。

血糖値がもっとも上がるのは、食後です。

食後に15分程度の散歩をするだけで、食事で摂取した糖をエネルギーとしてすぐに消費できるので、糖の吸収を抑えることができます。

>>> グラシトールの購入:公式サイトはこちら

実際にグラシトールを飲んでみました!

私は今まで健康診断等で血糖値の異常を指摘されたことがありませんが、血糖値についてはなるべく気をつけるようにしています。

なぜなら、私の祖母が生前に糖尿病を患っていたからです。

家族に糖尿病になった人がいる場合は、要注意らしいですね。

それに私は炭水化物だけでなく、甘いお菓子も大好きです。

そこで、グラシトールをお試しで1ヵ月ほど飲んでみました。

その結果、いくつか実感できた効果がありました。

1.お通じがよくなりました。

よく便秘になっていたのですが、明らかに便秘になる頻度は減りました。

グラシトールに使われている食物繊維のおかげだと思います。

【原材料一覧】
ピニトール、水溶性食物繊維、アイスプラント末、食用酵母(亜鉛・マンガン)、結晶セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、葉酸、ビタミンB12、ビオチン

2.太りにくくなりました。

たまに食べすぎたときでも、体重が増えにくくなった実感があります。

おそらくグラシトールのおかげで糖の吸収が抑えられているからだと思います。

普段の食事での糖質の摂取量を減らせば、簡単に痩せられる感じがします。

ダイエットサプリとしての利用もいいのかなと思います。

>>> グラシトールの購入:公式サイトはこちら

グラシトール






【関連記事】
グラシトールの口コミ・効果!最安値比較【楽天・Amazon】