ビオチンとピニトールがポイントです!

グラシトールは血糖値対策・糖尿病予防に効果が期待できるとされていますが、そこには科学的な根拠はあるのでしょうか。

まず、グラシトールのパッケージを見ると、栄養機能食品(ビオチン)という表示があります。

成分的にはビオチンが主要成分ということです。

【栄養成分表示:6粒あたり】
エネルギー:5kcal、たんぱく質:0.12g、脂質:0.02g、炭水化物:1.06g、ナトリウム:4mg、ビオチン:50μg

ビオチンは、皮膚や粘膜の健康維持をサポートする栄養素として知られています。

しかし、血糖値や糖尿病に対して何らかの効果があるのでしょうか。

そこで調べてみると、たしかにありました。

糖尿病とビオチン
ビオチン欠乏症は、リュウマチ、シェーグレン症候群、クローン病など膠原病群の免疫不全症だけではなく、1型及び2型の糖尿病にも関与している。ビオチン欠乏が進むと、インスリン分泌能がきわめて低下する。ビオチンの投与によりインスリン抵抗性が低下することや、粘膜部位の炎症、皮膚疾患、血糖値が改善することが知られている。(出典:Wikipedia)

また、グラシトールの名称は「アイスプラント加工食品」となっています。

アイスプラントは南アフリカ原産の植物で、表皮に塩を隔離するための細胞があるため葉の表面が凍ったように見えることからそういう名前が付いたと言われています。

地域によっては「ツブリナ」と呼ばれることもあります。

野菜として販売されていますが、普通の野菜のようにどこでも買えるものではありません。

私もいくつかのスーパーなどで探したことがありますが、買えたのは三越の地下食品売り場だけでした。

アイスプラント

このアイスプラントの注目されている成分が「ピニトール」です。

ピニトールの血糖値対策・糖尿病予防に対する効果を調べてみると、

ピニトールはイノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然の物質である。
ピニトールはグルコーストランスポーターの亢進作用を示し、 糖尿病予防に効果が期待できる成分とされる。
ピニトールを脱メチル化して生成されるカイロ-イノシトールは、不妊の原因の一つとされる多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果が有るとされ、アメリカなどで研究が進んでいる。(出典:Wikipedia)

ここで糖尿病のほかに「多嚢胞性卵巣症候群」という疾患が出てきましたが、こちらも血糖値が高めの女性がかかりやすいことなので、そもそもの原因は共通しているとも言えます。

このように、グラシトールに含まれるビオチンもピニトールも、血糖値対策や糖尿病予防に効果を有することについて、それなりの科学的根拠があると言ってよいと思います。

>>> グラシトールの購入:公式サイトはこちら

グラシトール






【関連記事】
グラシトールの口コミ・効果!最安値比較【楽天・Amazon】