糖尿病予防や多嚢胞性卵巣症候群の改善に!

血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあることから、糖尿病予防や不妊の原因のひとつである多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善に効果が期待できるということで、ピニトールサプリを活用する人が増えているみたいですね。

ピニトールのサプリメントは、アイスプラントという野菜を主原料としているものが多いです。

でも、ピニトールサプリといってもいろんな商品があって、どれを選んでいいのか悩んでしまうという人もいるかと思います。

そこでおすすめなのが、通販サイトで上位にランキングしている商品や、口コミで話題の商品から選ぶという方法です。

人気があるということは、効果や価格など、それだけ多くの人が満足しているとも言えます。

ですから、そういう人気の商品を選べば、自分も満足できる可能性が高くなります。

そこで、ランキングや口コミ、価格などから人気度を調査して、私がおすすめできると思った商品をいくつかご紹介します。

  1. グラシトール(血糖値対策サプリ)

    グラシトール

    アグリ生活の「グラシトール」は、血糖値対策に効果的なピニトールを豊富に含む機能性野菜「アイスプラント」を濃縮したサプリメントです。

    ・アイスプラントは自社の野菜工場で栽培!
    ・ピニトールに加えて、インスリン分泌機能を高めるビオチンも配合!

    【価格】お試し1,518円(税別)~

    いつでも解約できる定期コースの利用で、初回分を1,935円で購入できます(税込2,090円・送料無料)。

    ピニトール配合のサプリメントでは第2位のベジママと人気を二分していると思いますが、購入コースがお試しサイズ・通常サイズ・定期コースと豊富で、価格も始めやすくなっていることから、ランキングでは第1位としました。

    >>> グラシトールの公式サイトはこちら

  2. ベジママ(妊活サプリ)

    初回定期半額

    関西鉄工株式会社の「ベジママ(VEGEMAMA)」は、葉酸・ルイボスに加えて、機能性野菜「アイスプラント」に含まれる「ピニトール」を配合した妊活サプリメントです。

    ・1日4粒で葉酸400μ(推奨値)、ピニトール260mgを摂取できます!
    ・ピニトールの血糖値抑制効果とホルモンバランスの正常化で、妊娠糖尿病・多嚢胞性卵巣症候群の予防・改善に!

    【価格】初回2,750円(税別)~

    いつでも解約できる定期コースの利用で、初回分を50%OFFの2,750円で購入できます(税込2,970円・送料無料)。

    妊活ママに大人気のサプリメントですが、第1位のグラシトールに比べて購入コースが少ないことから、ランキングでは第2位としました。

    >>> ベジママの公式サイトはこちら

  3. ママナチュレ葉酸サプリ(妊活サプリ)

    ママナチュレ

    株式会社アンビシャスの「ママナチュレ葉酸サプリ」は、葉酸に加えてイナゴマメ由来のピニトールを配合した妊活サプリメントです。

    ・1日3粒で葉酸400μ(推奨値)、ピニトール300mgを摂取できます!
    ・妊活時にうれしいマカ・乳酸菌・鉄分も摂取できます!

    【価格】初回3,980円(税別)~

    定期コースの利用で、初回分を3,980円で購入できます(税込4,298円・送料無料)。

    妊活サプリの配合成分としては、第2位のベジママを上回りますが、それだけ価格も高めになっています。定期コースも最低6回継続が条件とハードルが高くなっていることから、ランキングでは第3位としました。

    >>> ママナチュレ葉酸サプリの公式サイトはこちら

  4. グラシトールを試してみました!

    ランキング第1位のグラシトールを実際に飲んで、どんな効果を実感できるか試してみました。

    1.お通じがよくなりました。

    よく便秘になっていたのですが、明らかに便秘になる頻度は減りました。

    グラシトールに使われている食物繊維のおかげだと思います。

    2.太りにくくなりました。

    たまに食べすぎたときでも、体重が増えにくくなった実感があります。

    おそらくグラシトールのおかげで糖の吸収が抑えられているからだと思います。

    普段の食事での糖質の摂取量を減らせば、簡単に痩せられる感じがします。

    >>> グラシトールの購入:公式サイトはこちら

    ピニトールを食べ物から摂取するには?

    ピニトールを食べ物から摂取するにはどんなものを食べたらいいのでしょうか。

    ピニトールを含有する植物は乾燥気候帯区分を原産とする植物に多いそうです。

    大豆、ルイボス、アイスプラントなどです。

    大豆については、納豆、豆腐、きな粉など、普段の食事でも簡単に摂取することができますね。

    ルイボスは南アフリカ共和国の一部にだけ自生する植物です。

    日本でもルイボス茶としてネット通販とかで手に入れることができます。

    そして、ピニトールをもっとも多く含むのがサプリメントにも使われているアイスプラントです。

    このアイスプラントですが、スーパーの野菜売り場でもあまり見かけない野菜です。

    私もかなり探したことがありますが、三越の地下食品売り場まで行ってようやく見つけました。

    食べてみると、ほんのりと塩味のする不思議な食感の野菜です。

    生でそのまま食べられます。

    できれば毎日少しずつでも食べられればいいのですが、買えるところが限定されてしまうのが難点と言えます。

    効率的にピニトールを摂取するなら、やはりサプリメントを利用するのが理想的なのかなと思います。