住宅を取得した場合に現金でもらえる「すまい給付金」ですが、8月末時点で予算の1%未満しか支給が決まっていないことがわかりました。

すまい給付金は消費増税後の反動減を抑えようと導入されたものですが、駆け込み需要の反動が大きかった上に、対象世帯の年収制限で申請が伸びなかったようです。

私はこの「すまい給付金」というものを知りませんでした。

そこで調べてみました。

すまい給付金を簡単にまとめると次のようになります。

・収入に応じて最大30万円を受け取れます。
・中古住宅も対象です。
・住宅ローン減税と併用できます。

率直な感想を言うと「最大でたったの30万円?」です。

ないよりはあった方がいいというレベルでしょうか。

消費税が上がったけど、とてもこの給付金を目当てに住宅を購入しようという気持ちにはなれません。

それよりも気になったのが、このパンフレットの右隅にすでに消費税10%時の給付金についての記載があることです。

どうやら消費税10%は決定事項のようです。