ラーメンチェーン「幸楽苑」のギョーザが変わって半年くらいになるでしょうか。

どう変わったかというと、以前のに比べて中の具が30%増量したのです。

実は私はこれまで幸楽苑のギョーザだけは許せなかったのです。

ギョーザのかたちをしているものの、中の具は少ないし美味しくもない。

こんなギョーザをパクパク食べる息子の神経が理解できませんでした。

今回こうしてギョーザが生まれ変わったということは、そうせざるを得なかったのでしょうね。

私と同じ考えの人が多かったのだと思います。

でも美味しくなったからといって注文するかというのはまた別の話です。

私はそもそもギョーザをそんなに食べたい人間ではありません。

そして妻はドケチな人間です。

ただ最近は折込チラシで無料券が必ずと言っていいほど付いています。

無料なら食べてもいいです。

そういうわけでギョーザの無料券があるうちは頻繁に幸楽苑を利用しています。

と、ここまで書いて気付きました。

ギョーザ無料券はあくまでも客寄せのためのものだと。

でも普通に食べられるギョーザになったので悪い気はしませんが。