長男はただいま「妖怪ウォッチ2・元祖」をやっている最中です。

予約したのが遅かったので、「本家」が手元に来るのは8月の10日前後です。

さて、長男が妖怪ウォッチに夢中になりだしたのは、そう前のことではありません。

だから妖怪メダルもあまり持っていませんでした。

家に遊びにきた友達は「これしか持っていないの?」と。

それを聞いてべつに悔しかったわけではありませんが、よそのお宅では意外と親も協力的なんだなと思いました。

そういうわけで7月12日に妖怪メダルを買いに行きました。

長男と3時間近く並んで買ったのがこれです。

一気に16枚も増えました。

その結果どうなったか。

つい先日同じ友達が遊びに来たとき、このメダルを見てものすごく欲しがったそうです。

ほんと強く欲しがったそうです。

もちろんあげることはしませんでした。

でも子供たちのことだから、妖怪メダルをめぐるトラブルはたくさんあるのでしょうね。

一緒に3時間も並んでおいてあれですけど、たかが丸いプラスチックにシールを貼っただけのものですよ。

あと5年もして妖怪メダルを見たら「欲しい!」から「懐かしい!」に変わっているはずです。