今年は戦後70年の年にあたります。

私は戦後に生まれ、まだ70年も生きていませんが、この間の日本人というのはすっかり骨抜きにされてしまったように思えます。

国連の常任理事国を見ればわかりますが、現在の世界の構図は第二次世界大戦の勝敗の結果を引きずっています。

この70年の間に日本がどれだけ世界に貢献しようとも、今でも敗戦国は立場が弱いのです。

70年談話に「侵略と謝罪」の言葉を盛り込むように中国・韓国、そして国内からも騒ぎたてる人たちがいます。

中国が南シナ海で現在行っていることは侵略ではないのか。

韓国が竹島を占拠していることは侵略ではないのか。

そうした現在のことは置いておいて、70年も前のことを理由に他国の機嫌取りが優先される風潮。

それが私が「骨抜きにされた」と思う理由の一部です。

さて、櫻井よしこさんと花田紀凱さんの著書というか対談集みたいな本の新聞広告を見ました。

私がこれを読めばきっと共感できる部分が多くホッとすることでしょう。

ホッとしたいがために読んでみたい気持ちもありますが、じゃあ読んでどうなるという気持ちもあります。

読んで草の根運動的に口コミで広めればいいのかな。

それよりも安倍首相の70年談話に期待します。