2回のオリックス・金子投手から2点を先制したときは勝てるかなと思いました。

しかし、楽天先発の塩見投手が4回に一挙6点も失ってしまいました。

ここでもう勝負が決まってしまったような感じです。

塩見投手の成績はこれで8勝7敗となりました。

昨日もし勝っていれば9勝6敗と「今季はよくやった」という数字になっていました。

さて、前日に今季のCS進出がなくなった楽天イーグルスですが、ここからはちょっと個人のタイトル争いに注目したいと思います。

昨日はオリックスの金子投手が16勝目を挙げました。

これを追うのが楽天の則本投手ですが、現在14勝で2勝の差があります。

残り5試合で2回登板して何とか追いつけるかという数字です。

チームのモチベーションを保つ意味でもチャレンジしてみてもいいと思います。

また打撃部門では楽天の銀次選手とオリックスの糸井選手がほぼ同じ打率で首位に並んでいます。

どっちかが数字を落としても試合を欠場して数字を維持するということは望みません。

とはいってもタイトルは獲れるときに獲っておかなきゃいけないものでもあるので、両選手ともそういう姑息な手段もありかなと思います。