プロ野球が開幕して各チームとの対戦がちょうど一巡しました。

楽天イーグルスは「延長戦病」に取り付かれている印象があります。

昨日の試合も9回裏にここで決めなかったらまた延長戦という状況でしたが、銀次選手がしっかりとサヨナラヒットを打ってくれました。

意外にも銀次選手はこれが初めてのサヨナラ打ということです。

この勝利で楽天イーグルスは5勝5敗2分の勝率5割に復帰しました。

また開幕戦のつもりで仕切りなおしというところです。

さて、昨シーズン2位のオリックスの様子がただ事じゃないです。

昨日楽天に敗れたことで借金がなんと10まで膨れてしまいました。

わずか15試合で借金10とはちょっと考えられないです。

楽天のように日本一になった翌年に最下位になることもプロ野球の世界ではありますが、楽天の場合は明らかに戦力ダウンが原因でした。

これに対しオリックスは戦力を補強したはずです。

ですが本来活躍すべき選手の調子が上がらなかったり、ケガで出遅れていたりとマイナスの要因が重なりすぎています。

でもいずれは必ずチーム全体の調子が上がってくるはずです。

そのときに開幕時の借金10がどれだけ影響するか。

影響がないはずがありません。