肌に負担をかけずにクレンジングしたい!

お肌への負担が少ないということで、毎日のメイク落としにクレンジングジェルを活用する人が増えているみたいですね。
でも、クレンジングジェルといってもたくさんの商品があって、どれを選んでいいのか悩んでしまうという人もいるかと思います。
そこでおすすめなのが、通販サイトで上位にランキングしている商品や、口コミで話題の商品から選ぶという方法です。
人気があるということは、効果や価格など、それだけ多くの人が満足しているとも言えます。
ですから、そういう人気の商品を選べば、自分も満足できる可能性が高くなります。
そこで、ランキングや口コミ、価格などから人気度を調査して、私がおすすめできると思った商品をいくつかご紹介します。

  1. マナラ・ホットクレンジングゲル

    マナラ(manara)「ホットクレンジングゲル」は、いろんな雑誌でも取り上げられ、毛穴トラブルや乾燥肌で悩む女性の間でブームとなっているクレンジングジェルです。

    ・メイク汚れだけでなく、保湿成分で角質層をやわらかくして肌に負担をかけずに毛穴の奥の汚れも取り除いてくれます。
    ・ダブル洗顔不要なので、洗いすぎによる肌の乾燥も防げます。

    【価格】2,990円(税込)

    公式サイトでの購入が初めての方なら2,990円で購入できます(1本約2ヵ月分)。

    >>> マナラ・ホットクレンジングゲルの公式サイトはこちら

  2. リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジング

    美容液クレンジング【リ・ダーマラボ】

    リ・ダーマラボ(Re dermalab)のモイストゲルクレンジングは、こんにゃくスクラブ入りのクレンジングジェルです。

    ・ダブル洗顔不要。まつげエクステにも使用できます。
    ・こんにゃくスクラブがメイクも毛穴汚れも落とし、保湿成分が肌の乾燥を防いでくれます。

    【価格】初回2,848円(税別)でもう1本プレゼント!

    プニプニの柔らかいスクラブなので、肌を傷めることなく汚れを落としてくれます。

    初めての購入なら、1本分の価格でもう1本もらえるのでお得です。

    >>> リ・ダーマラボ・モイストゲルクレンジングの公式サイトはこちら

  3. フィトリフト・ホットクレンジングジェル

    フィトリフト(PHYTOLIFT)「ホットクレンジングジェル」は、100%植物由来の洗浄成分を使った納得の自然派美容液クレンジングです。

    ・+4℃の温感ジェルが、毛穴をじんわり開いて黒ずみや角栓などの汚れをしっかり絡めとってくれます。
    ・W洗顔不要、まつ毛エクステもOKです。

    【価格】初回2,980円(税込)

    美容液成分をたっぷり91.2%配合し、汚れを落とすだけでなく、クレンジング後のスキンケア製品の浸透もアップさせてくれます。

    初めての方なら、お試しキャンペーン価格で購入できます。

    >>> フィトリフト・ホットクレンジングジェルの公式サイトはこちら

  4. ドクターソワ・マイルドクレンジングジェル

    マイルドクレンジングジェル

    ドクターソワの「アマランス・マイルドクレンジングジェル」は、広尾プライム皮膚科クリニックと共同開発をした洗顔料です。

    ・メイクや皮脂などの油溶性の汚れと、汗やほこりなどの水溶性の汚れを1本で同時に落とせます。
    ・美肌成分(ビタミンE配合)によりお肌に栄養補給ができるのもうれしいです。

    【価格】定期初回3,456円(税込)~

    朝は泡立てて洗顔料として、夜はメイク落とし・洗顔料として使用できます。

    定期コースを利用すれば、初回分を20%OFFで購入できます。

    >>> ドクターソワ・マイルドクレンジングジェルの公式サイトはこちら

  5. 肌への負担を考えると、ジェルかクリームがおすすめ!

    クレンジングはその形状によってメイクの落ち具合や肌への負担も変わってきます。

    何を基準に選べばいいかというと、自分のメイクの濃さに合わせて選ぶのがおすすめです。

    普段のメイクが濃ければ、メイクオフ力がもっとも強いオイルタイプを使うことになりますが、オイルタイプは界面活性剤が多く配合されている傾向があるので、肌への負担も大きくなります。

    逆に、メイクオフ力がもっとも弱く肌への負担も小さいのがミルクタイプです。

    しかし、ミルクタイプは水分が多く、メイクとなじむまで時間がかかりやすく、肌をこすってしまいがちになり、結果的に肌に負担をかけてしまうことにもなりかねません。

    そこでおすすめなのが、両者の中間タイプのジェルタイプとクリームタイプです。

    通常のメイクの濃さであれば、このどちらかのタイプを使うことで、メイク落としと肌への負担の両方のバランスをとることができます。

    いずれにしても、クレンジングはメイクを落とすことが目的なので、肌に負担をかけないよう、なるべく短時間で済ませることがポイントです。





    「日焼け状態になったのに、事後のケアもせず軽視していたら、シミになっちゃった!」といったからも理解できるように、普通は気に留めている方だとしても、「うっかり」ということは必ずあると言って間違いないのです。

    いつも肌が乾燥すると落ち込んでいる方は、保湿成分が潤沢なボディソープを選択しましょう。肌のことを考慮するなら、保湿はボディソープの選択から気をつけることが肝要です。

    「寒い時期はお肌が乾燥して痒みが尋常でなく困っている。」と発する人が多いようです。だけれど、ここ数年の傾向を見ますと、常時乾燥肌で窮しているという人が増えているそうですね。

    今の若者は、ストレスを溜め込むことが多いので、ニキビに効くと言われる洗顔フォームや化粧水を使っているというのに、全く改善しないという状態なら、ストレス自体が原因だろうと考えます。

    肌が乾燥することが原因で、表皮層からも水分が消失してしまうと、角質が容易には剥がれなくなり、厚くなってしまうことが知られています。その状態になると、スキンケアをしようとも、必要成分は肌の中まで浸透することはなく、効果もあまり望むことができません。

    乾燥している肌につきましては、肌のバリア機能が満足に働いてくれないためダメージを受けることばかりで、肌の弾力性が著しく落ちたり、しわが増えやすい状態になっているのです。

    「日焼け状態になってしまったのに、対処することもなく放置していましたら、シミに変化してしまった!」という例みたいに、常に気を使っている方でさえも、チョンボしてしまうことは起こる可能性があるのです。

    シミにつきましては、メラニンが長い年月をかけて肌に蓄積されてきたものになりますので、シミを消し去りたいのなら、シミとなって表出するまでにかかったのと同様の期間が要されると教えてもらいました。

    どっちかと言えば熱いお風呂が好みだという人がいるのもわからなくはありませんが、飛んでもなく熱いお湯は肌にとってはまったくの害毒で、肌の保湿成分と表現されている脂分を勢いよく奪ってしまうことになりますから、乾燥肌の重大な素因になると言われています。

    ほとんどが水のボディソープではあるけれど、液体であるが故に、保湿効果だけじゃなく、多様な働きをする成分が何やかやと混入されているのが特長になります。

    敏感肌が原因で困惑している女性はかなり多く、美容関連会社が20代~40代の女性対象に執り行った調査をサーベイすると、日本人の4割を超す人が「前から敏感肌だ」と思っているみたいです。

    肌のターンオーバーが、なかんずく旺盛に行われるのが睡眠時間中ですから、十分に睡眠時間を取るように注意すれば、肌のターンオーバーがより旺盛に行なわれ、しみが目立たなくなると言えます。

    乾燥した状態になると、毛穴の周りが固くなってしまって、閉じた状態を維持することができなくなるのです。そうなると、毛穴にメイクの残りかすや汚れ・雑菌といったものが入り込んだ状態になるわけです。

    実際に「洗顔をしないで美肌になってみたい!」と考えているなら、勘違いしないように「洗顔しない」の真の意味を、ちゃんと認識することが要求されます。

    「敏感肌」用に作られたクリームだったり化粧水は、肌の乾燥を食い止めるだけではなく、肌の角質層が生まれつき保持している「保湿機能」をアップさせることも可能でしょう。